FC2ブログ

プロフィール

獺祭堂主人

Author:獺祭堂主人
相模之國柿生隠棲
主夫兼編集者
アルコール常用者

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ

①粋曜喫茶室編集『江戸文化カフェ』発行

リンク

獺祭堂のお客様

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 梅雨は嫌いではない。ひねもす雨の日を過ごすのも、いい。と、言いつつ、何もすることもない。ただ退屈な日々を送っているだけ。
 最近、若年性痴ほう症と思いきや、立派な痴ほう症なのかもしれぬ。
 愚生が蟄居している柿生の山里にある、獺祭堂では、6月はいろいろなことがあった。山里のなかに住んでいるせいか、軒下にスズメバチの巣が。まだ初期の創作段階だったので、愚生が奇襲攻撃で一撃。翌日には家の前を狸が威風堂々と歩いているではないか。おそらく、狸のほうが先住民だから、捕獲して狸汁にすることはしなかった。自然との共栄の精神とはこのことか。
 23日は、愚息とチームメイトをつれて東京ドームへ、東日本社会人アメフトの決勝戦を見に行った。
 ひいきの富士通フロンティアーズがオービックシーガルズに残り0秒で同点のTDで追いつかれ、28対28。タイブレークの末に惜敗。試合が終わったのは夜の10時30分ごろ。柿生に着いたのは午前0時を回っていた!!家に戻り、負けた悔しさはなかった。そのかわりすがすがしさだけが残った。これがスポーツの良さなのだ。10年に一試合あるかないかの名勝負!!CMではないが(梅酒で)「スポーツマンシップに乾杯」!! フロンティアーズは、秋に向けてさらに強くなって、東京ドームに戻ってくるだろう。
 明日、愚息たちは授業中居眠りをするのではないか、と心配。だが、それは愚問だった。愚息はどう間違えたのか、いつもより早く起きてきた。嗚呼。七不思議
 
 浅沼さんから『俳諧無心』会報5号が送られてきた。拝読。ゼミ生の俳句鑑賞眼が素晴らしい。愚生の鑑賞より句友が読んだ句を、忌憚なく、ゼミ生が新鮮にとらえている。優れた俳句鑑賞ができる人は、俳句実作も優れている、と思ふ。すこし褒めすぎか。
 28日は終日雨降り。愚生秘蔵の「タイタンズを忘れない」のDVDを愚息とみる。今回で3回目。
 
 
 29日は川崎球場でリトルグリーンマシーン・ハリケーンズ・ライズとの交流戦。
 6月の初旬に『斜陽』を読んだ。太宰の作品が面白く感ぜられた。
 
 今晩も雨降り。
 雨音をよそに、ショパンの「プレリュード 雨だれ」を聴く。ジョルジュ サンドの恋の結末はどうだったのか、忘れてしまった。今宵は退屈しのぎで久しぶりにブログを書いている。やっぱり退屈だ。
 

スポンサーサイト
文芸同人誌『Pegada』第11号目録

発行所「アニマの会事務局


特集
 「原発問題」を考える 
                          桜井信夫、岡山晴彦、
                          祖川悦人、鈴木三郎助、
                          大葉二良、須田茂、
                          杉本純、 小泉敦、
                          春田道博
インタビュー
 求めざる黒子でありたい
  ―吉田幸一さんに出版人生を聞く    板垣誠一郎
評論
 「リービ英雄」というレボリューション    須田 茂
 「故郷は遠きにありて」         
   室生犀星と松本清張の場合      桜井 信夫
エッセイ
 夢千代にひかれて              小泉 敦
 山葡萄はだれのものか           春田 道博
戯曲
 橋の伝説 その二 大川心中物語    岡山 晴彦
小説
 厚い雲の下で                 大葉 二良
 谷間の蛙は三度跳ぶ             鈴木三郎助
 アルミニウム                     杉本 純


購入の問い合わせ先
 〒215-0003
 川崎市麻生区高石5丁目3番15号
                春田 道博
TEL FAX 044-953-2050
 9月に文芸同人誌『Pegada』11号を獺祭堂で作成した。このブログでもすこし触れたが、その時は発行前だったので、詳しくは書かなかった。
 この文芸同人誌は、小田急線百合丘駅前にある古書店「アニマ書房」の店主、春田道博氏が発行人となり、2004年秋に創刊した。この古書店は、長年サラリーマン生活から終止符を打ち、2000年に開店した。人文科学の書物を中心に展開し、とりわけ「岩波文庫」「講談社学術文庫」は、全国の古書店でも一番の品ぞろえ、と春田氏は胸を張る。
 この店を知ったのは、小生が、7年前に相模之國柿生に隠棲した頃からである。7坪ほどの店内であるが、清潔感あふれ、いつもクラッシック音楽が流れている。常連客が春田氏と和やかに長話をしていることが多かった。
 小生にとって、この店が隠れ家的存在になったのは、それほど時間を要しなかった。爾来、暇つぶしに訪れ、そこで多くの恩恵を蒙った。購入した本を思いつくまま記すと『荊楚歳時記』『芭蕉と杜甫』『芭蕉、蕪村、一茶の世界』『歌仙の世界』『野ざらし紀行評釈』『日本の傳統色』など、数十冊を超える(安い本ばかりでごめんなさい)。が、冊数はそれほど多くないが、どの本も座右に置いて、繰り返し読んでいる。
 はじめて来店した時に『Pegada』を購入し、いらい何度か読後感を送ったりもした。川崎市では唯一の文芸同人誌だからだ。この同人誌には知る人ぞ知る著名な方が同人となっている。文芸評論家の山田篤朗氏や新潮社の元編集者の桜井氏がいらして、松本清張の回顧録は毎号、興味深く拝読させて戴いる。創刊からの同人である若手(?)の杉本純氏は小説を発表している。先日メールを戴き、その文章から将来を予感させる雰囲気が感じられた。春田氏の胸にするどく響く詩はまさに珠玉である。
 表紙は杉本勇氏の版画である。11号の表紙は、北八ヶ岳の山小屋(高見石小屋)の窓を覆うように積み重ねられた薪と、背負子が置かれている一幅の風景。薪ストーブから煙が漂ってきそうな絵である。茶色をベースに、色を重ねられた版画を、モノクロの表紙にするのは惜しい気がした。表紙を作成する際、薪と同系色の背負子を浮き出すに苦労を強いられたが、その甲斐あって、立体感のある山小屋の風景が映し出された。
 今日は10月31日。アニマ書店が閉店をする日である。その話を知ったのは真夏の事だった。リーマンショックの影響さらに福島原発により、客足が途絶え、業績が悪化したという。秋までに売り上げが以前のように戻ればと願っていたが。
 「アニマ通信」によると「アニマ書房は人文科学の書物を通して、「歴史を学ぶことの大切さ」を訴えてきました」とある。この店の経営理念は閉店後も貫かれるだろう。そしてその言葉は忘れることはないだろう。30日に春田氏とお会いし、表情は明るかった。店が忙しくなる前は、この同人誌を大学生協に卸し、和光大学では良く売れたそうである。今後はまず、川崎市内の大学生協へ直接赴いて『Pegada』を置いてもらうそうである。閉店後、本はインターネットでの販売のみとなり、『Pegada』は引き続き発行される。創刊号から第11号 各一冊500円である。第11号160ページ。
 『Pegada』は「アニマ書房」のホームページ或いは下記住所から購入することが出来る。
〒215-0003 川崎市麻生区高石5丁目3番15号
                  春田道博
Tel&Fax 044-953-2050 

 
この同人誌のタイトル「Pegada」とはポルトガル語で「足跡」を意味するという。その足跡は未来へと続くだろう。


 

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。