FC2ブログ

プロフィール

獺祭堂主人

Author:獺祭堂主人
相模之國柿生隠棲
主夫兼編集者
アルコール常用者

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ

①粋曜喫茶室編集『江戸文化カフェ』発行

リンク

獺祭堂のお客様

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

   夭折は男の美学夜の蝉  

 
小生は柿生緑地で蟄居している。日中は蝉時雨。夜になっても泣きやまぬ。蝉は成虫になってから、短命であるがゆえに、ひたむきに鳴く姿を想像すると、なにがしらシンパシーを覚えずにはいられない。
 飽きもせずに、蝉の鳴き声を聞いてると、季節の移ろいを感じる。みんみん蝉に交じって、最近はつくつく法師や蜩の声が聞こえるようになった。
 18日から21日まで恒例の白馬で過ごしてきた。麓ではコスモスが咲き、八方尾根では高山植物が咲き乱れていた。ミヤマタンポポ、ハッポウワレモウ、ハッポウウスユキソウなどなど登山道の脇に咲いていた。白馬は一足さきに秋の景色であった。
 柿生に戻ってくると、朝夕はすっかり涼しくなっていた。
  
秋や今朝一足に知るのごえん  松江重頼 
 この句は、拭いたばかりの縁に、一足を踏み出し、昨日までと違いヒヤリとするものを感じた。足裏で、秋の訪れを察知したという句である。かつて藤原敏行は、
  秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞ驚かれぬる
著名な哥を詠んだ。とうせん「秋の今朝」の句は、この哥のパロディだが、いにしえの歌人は耳で秋を感じたが、足裏で秋を感じたとするところがおもしろい。そればかりでなく、庶民生活のスナップショットがあざやかである。貞門俳諧は掛詞や縁語などを駆使し、あたかもパズルを解くようで、しかも千篇一律と評されるのが常である。しかし、言葉遊びの中に、近世の新しい美が潜んでいる事を見逃してはならぬ。
 最近は癒しを求めて、アロマセラピーやお灸やマッサージが街中で流行っているそうである。鈍った感覚を、ちっと足裏マッサージをしてもらい、秋を感じるとするか。その前にお清めをしてから。


 
 
スポンサーサイト
 立秋がすぎると、日中は相変わらず暑いが、朝夕はだいぶ涼しい風が吹いてくる。いや気がする。
 連日、暑いと食欲が落ちる。大食漢の小生もつい冷たいものばかり口してしまう。蕎麦派の小生だが、真夏は素麺のほうがのどにすーと入っていく。 心太はいやだ。優柔不断な感じがするからだ。
 実は真夏はおいしい食材が揃う季節でもある。夏野菜が豊富なのだ。トマト・かぼちゃ・なす・オクラ・ズッキーニなどをたっぷり入れた「夏カレー」はよろしい。それも超激辛。食べたあと涼しく感じられる。毒は毒をもって制す、なのかもしれぬ。
 夏の食卓で、定番なのは枝豆であろう。わけても、だだ茶豆は旨い。
 それより旨いのは焼きナスである。じっくりナスを焼くと、部屋中香ばしい香りがしてくる。それをしょうが醤油で食べるのが、小生の一押しである。冷奴もいいけど。
 みょうがは蕎麦や素麺に薬味に入れるといい。だが、暑い日はみょうが汁にかぎる。みょうがを食べると馬鹿になるとか、忘れっぽくなるとか。
  みょうが汁恩師の顔を思ひ出す
 そう言えば、甘酒は夏の季語である。甘酒は夏バテ予防にいいらしい。先日、島本先生宅へ行った時、賀茂鶴酒造の「吟醸 原酒」を戴き、さっそく冷蔵庫で冷やして、呑んでいる。小生にとって、甘酒よりこちらの方が夏バテに効く。気がする。アルコール分が高いと気分が宜しい。
 夏は、鮎の塩焼きと焼きナスを肴に、冷酒を呑むのがいいね。
 日中はごろごろしているが、夏の夕食は何とも言えない。ほろ酔い気分で、またまた一句。今日は廃人28号になったようだ。

  夏の昼ひねもすごろりごろり哉

| ホーム |


 ホーム