FC2ブログ

プロフィール

獺祭堂主人

Author:獺祭堂主人
相模之國柿生隠棲
主夫兼編集者
アルコール常用者

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ

①粋曜喫茶室編集『江戸文化カフェ』発行

リンク

獺祭堂のお客様

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

 今年も桜が咲いた。桜を詠んだ名句が多い。愚生の好きな桜の句を紹介しよう。
  一僕とぼくぼくありく花見哉  季吟
 桜を眺めながら、僕(しもべ)と「ぼくぼく」と歩きながら、咲いたばかりの桜に興じてみよう。貞門時代の句らしく、従者の「一僕」とのんびりとを指す「ぼくぼく」とを云い掛けているが、同音のくり返しが春の長閑さを演出する。花見はこうしてゆったりとした気分で観たいもの。
  これはこれはとばかり花の吉野山 貞室
 
古浄瑠璃のセリフ「これはこれは」を使い、桜の名所吉野山の桜の見事さをいい当ている。東京の桜が満開となり、この句の通りである。
 
歌仙俳諧では「二花三月」を詠むことになっている。「花」といえば「桜」をさすが、「桜」というと「花」の句にはならず。いっけん摩訶不思議である。とまれ、桜の見事さは言葉に表せない。「これはこれは」に尽きる。花見は静かに堪能したい。だが、実態は 。 少し前までは、公園の桜の下で筵を敷いて、カラオケまで持ち寄って、わからぬ歌をうたっている愚か者までいた。まぁ軍歌ならともかく。桜を見に来たのか、カラオケに来たのか。これはいただけない。 同じ桜宴会でもこの句は違う。
  木のもとに汁も鱠も桜かな  芭蕉
 花見の席の膳には、汁や鱠があり、そこかしこに桜が散っている。現代の花見と異なり、どこかしらこの句には静けさが感じられる。
  さまざまの事思ひ出す桜哉  芭蕉
 この芭蕉吟を直訳すると、桜をみているとさまざまな事が思い出される、と平易な句である。この句の背景は、芭蕉が若き日に仕えた藤堂良忠(俳号:蝉吟)が夭折し、遺児探丸が主催した花見の席で詠まれたものである。芭蕉は、青年時代を回顧し、青雲の志を心に抱いていたが、蝉吟の突然の死によって、野望は挫折した。というより、結果から見れば、蝉吟の死によって、才能を開花し、芭蕉が一躍有名になったのだ。おそらく芭蕉はそれを自覚していただろう。それにしても「さまざまの事」は、芭蕉にとってさぞかし辛い思い出であったはず。
 日本人は、何故か桜の散る姿に惹かれるらしいが、老境に差し掛かった愚生は、いま目の前で咲き誇っている桜を静かに直視してみようか、とふっと考えた。
スポンサーサイト
 3月2日に蕗の薹を採ってきてさっそく味わう。
 蕗味噌は定番であるが、はじめて蕗の薹を火で炙って味噌を付けて食べた。江戸時代(寛永20年刊)の料理本『料理物語』にもその作り方が載っていたので、試したのである。作り方はいたって簡単。ほろ苦さを味わうなら蕗の薹を串にさして、火に炙る。ほろ苦さが苦手の人はさっと湯通ししてから串にさして火に炙る。野趣に富んだ料理である。蕗の薹のほろ苦さは酒の肴に宜しい。いくらでも呑めてしまう。料理は秘伝であるため、室町時代では門外不出であったに違いない。だが、本書は日本で最初に刊行された料理本として名高く、さまざま料理が載っているので、拾い読みしているだけでも楽しい。例えば「薬食い」では滋養強壮とて、鹿・猪などを食べることが許される。獣料理の作り方があるのは本書だけだろう。
 春の季語になっている「田楽」は豆腐に串を刺して山椒味噌を付けて火で炙って食べる。江戸時代では人気であったらしい。やがて豆腐から主役は蒟蒻に変わり、今では「おでん」として食べられている。
また『豆腐百珍』という豆腐料理のみ百種類を集めた本も人気を博した。続編も刊行された。
 この本を嚆矢として単独の食材のみの料理本が多く刊行された。たとえば「大根」。大根は自己主張の薄いがゆえに料理には適した食材である。風呂敷大根もいいが、辛い大根をすり下ろし、新蕎麦の薬味として。辛い大根と蕎麦のベストマッチ。和食はヘルシーでしかもシンプルな料理方法なものが多い。西洋料理のように油をたっぷり使い、チーズやバターや香辛料を湯水のように入れ、食材が何なのかわからぬ。その点、和食はその食材の味を生かした料理であることは言うまでもない。
 あと一カ月もしたら、愚生が蟄居している柿生緑地には筍が生える。採れたての筍は刺身で食べるのが宜しい。あぁ。筍料理が待ち遠しい。

| ホーム |


 ホーム