FC2ブログ

プロフィール

獺祭堂主人

Author:獺祭堂主人
相模之國柿生隠棲
主夫兼編集者
アルコール常用者

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ

①粋曜喫茶室編集『江戸文化カフェ』発行

リンク

獺祭堂のお客様

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 師走の入り、俗世間は忘年会とか、クリスマスとかで、何かとやかましい。「師走」は先生も走るほどの忙しさから名づいたらしいが、貧乏大いに暇ありの愚生には、まったく関係ない。暇に任せて、大喜利を。12月とかけて「ウルトラマン」と解く。その心は「どちらも、シュワッツ!!!」。あぁくだらない。最近はめっきり老境に入り、確実に痴呆も進んできている。
 くだらない日々を送っていると、浅沼さんから『俳諧無心』会報第八号が届いた。ゼミ生の秀句が寄せられている。読んでいるうちに少しは若返ってかも。まぁ、諸君の若さを貰おう。印象に残った作品を。


 とどまればちちろ鳴いたる列車かな 亜樹
 秋うらゝ小江戸の鐘を振り返る 友郁
 秋桜や置けるギターの残響音 正考
 りんご落ちて生きてることを自覚する 智南美
 秋茄子の皮剥いでいっぺんに好き 桃子
 鶏頭や庭の狭さを知らぬ稚児 真那美
 横浜の霧笛濡れつつ夜景染む 澪
 神無月街は橙に染まりけり 四龍
 束の間の終わりは近し夜学生 園子
 台風や曲がれる角の多き道 絵莉子
 海原に生まれ野分として吹ける 璞
 休講の文字所在なく青鬼灯 澪


 
 愚生は俳句は作らない、元日に一句だけ作って、年賀状に書き添えるぐらい。だから、俳号は廃人28号である。しかし俳句には五月蠅い。俳句は周知のとおり、感情を述べない。さらに余韻を残す。つまり言い過ぎないことが肝心。禅に「不言の言」とあるように、俳句も同様であろう。読者に委ねるものが大きいほど、句も大きな広がりがある。浅沼さんのご指導よろしく、ゼミ生諸君の句は時には、芭蕉や蕪村よりもいい句がある(ちっと褒めすぎか)。松永貞徳は俳諧修業に一日一句を作ることを奨励。高弟の北村季吟もそれに従って、毎日句作っている。毎日作ることは、ゆったりと変わる季節を、生活のなかで敏感にとらえることである。それが大切。諸君も気を確かに日記代わりに句作りを。それと、少子化対策のために子作りも励んで欲しい。愚生からのお願い。
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。