FC2ブログ

プロフィール

獺祭堂主人

Author:獺祭堂主人
相模之國柿生隠棲
主夫兼編集者
アルコール常用者

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ

①粋曜喫茶室編集『江戸文化カフェ』発行

リンク

獺祭堂のお客様

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日、法政大学国文学会に出席し、杉本圭三郎が亡くなられたとこと知った。
 杉本先生は永年にわたり法政大学国文学会の会長をお努めになられ、学会にはよく出席なさっていた。昨年は体調が宜しくないとのことで欠席であった。今月10日に亡くなられたそうである。
 杉本先生は平家物語の高名な研究者。講談社学術文庫『全訳平家物語』はだいぶ前に上梓されたが、今も版を重ねている。30年もまえの出来事。台風で休講になったにも関わらず、先生は研究室に顔を見せた。話を聞くと、休講と知らずに来ている学生がいたら申し訳ないから来たのだと。大家でありながらも、お人柄はじつに穏やかである。人間の器の大きさに驚かされた。
 学会の懇親会では、杉本先生は酒が入ると平家物語を朗々と詠みあげてくださった。あの声が聴かれなくなるかと思うととても寂しい気持ちになる。
 懇親会のあと、きまって市ヶ谷のカフェでコービーを飲みながら、旅の話や今後の研究のことを話された。
 10年ほど前までは国文学会主催で「秋季研修旅行」と称してバスで日帰りツアーを行った。杉本先生やほかの先生方は朝からバスの中でビールや日本酒をたしなんでおられ、文学博物館に着いた頃はすっかり出来上がっていた。それでも学芸員の話を熱心に聞き入っておられた。
 昼食の時も酒を飲み、帰りのバスでも酒を飲み、打ち上げでも酒を飲んだ。愚生もすっかいり感化されてしまった。まさに「酒季研修旅行」であった。
 今月にはいり、和田先生・杉本先生が鬼籍に入られ、文学会としてとても寂しい月になった。
 いまごろ両先生は天国で美味しそうに酒を飲んでおられることだろう。どうぞ、心置きなく飲んでくださいませ。



法政大学名誉教授
享年88歳

 心よりご冥福をお祈り申し上げます。
 
スポンサーサイト
 訃報が届いた。
 正岡子規研究者の和田克司先生がお亡くなりになった。和田先生とは、俳文学会で昼食をご一緒させて戴いたことがあり、『近世文学研究』を発行から、本格的なお付き合いが始まった。本誌の編集の大変さを察知し、メールで励ましのお言葉を戴いた。また、先生が出演する番組(特にNHK)や地方新聞の記事をメール添付して戴いた。
 本誌に創刊号以来、昨年第6号まで、精力的なご論考を寄せてくださった。日記・句稿を精力的集め、緻密に分析をしておられた。実証的な論考であった。
 今年5月、島本昌一先生が関西へ旅行に行き、若いころお世話になった天理図書館の方や、和田先生ともお会いしてきた。じつは、和田先生は私宛のメールにこの時の様子を克明に寄せてくださった。「島本先生はお元気です」とか「明朝、帰られます」などなど。
 とても律儀な先生であった。また賀状には俳句を書き添てあった。

『近世文学研究』和田克司先生の目録一覧
 創刊号 藤野古白と正岡子規
 第3号 陸羯南の俳句稿と子規
 第4号 「散策集」の課題ー明治二十八年九月二十一日松山城北吟行
 第6号 根岸子規庵新年発会

16日通夜
17日告別式


大阪成蹊短大名誉教授
享年77歳

心よりご冥福を申し上げます。
 新国立競技場の総工費2520億円にのぼる。この金額は日産スタジアムの4つ分、東京ドームの7つ分になるそうだ。だからと言って、新国立競技場が完成して、東京ドームの7倍の収益があるわけがない。愚生が保証しよう。
 2520億円と言う金額は、設計当初に計画されていた屋根を除き、可動式の客席を手動の仮設に変えて、延べ面積を縮小しての金額だ。オリンピックを終えて、コンサートをそこで行うには、騒音の影響もあり、屋根を取り付けねばならないと言うことらしい。もし屋根を付けるならば、1年以上は競技場は使用不可とのこと。屋根の建設費も1000億はかかるだろう。
 思えば、いまのデザインに決定してから現在に至るまで、紆余曲折した形跡は見られない。あの歪なデザインの競技場ありき、であった。設計当初の見積もりでは1300億円であった。が、いろいろ試算してみると、3000億円に及ぶことが判明した。当初予算からすれば大違いも甚だしい。有識者会議のメンバーは最初から1300億では造作れないことは解っていた筈だ。国際コンペの審査員長の安藤忠雄は7日の有識者会議を欠席した。欠席理由は私用では済まされぬ。国民の借金が1000兆円もあるのにさらに借金を増やす。この責任はだれがとるのか。愚生が思うには、やはり安倍首相である、と。
 きのうになり安倍首相は「多くの国民がそう思っているのではないか」と、設計見直しを指摘した。が、今から振出しに戻ると「基本設計を作っていくのでは時間が間に合わない」と言っている。つまり、総理は新国立競技場は多額であるのを認めつつ、間に合わない今になって公言した、ことを国民は見逃してならぬ。
 安倍政権になったときは「アベノミックス」と言う幼稚なネーミングで国民を振り向かせた。しかし、その効果は国民の大半が恩恵を受けていない。先ごろ厚生労働省の調査で、「生活が苦しい」と答えた国民は60パーセントを超える。安倍は戦争法案や労働派遣法案さらに原発再稼働など強行に推し進めようとしている。また新国立競技場も同じ手法で。
 東京五輪誘致の安倍首相のスピーチで「福島原発はコントロール出来ている」と嘘を平気で述べたことは記憶に新しい。今なお放射能が漏れ、汚染水があふれ出ている。
 新国立競技場は負の遺産であるとともに独裁政権の象徴になることは間違いなかろう。それが嫌なら東京五輪を辞退するべきはなかろうか。今からでも遅くはない。

 

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。