FC2ブログ

プロフィール

獺祭堂主人

Author:獺祭堂主人
相模之國柿生隠棲
主夫兼編集者
アルコール常用者

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ

①粋曜喫茶室編集『江戸文化カフェ』発行

リンク

獺祭堂のお客様

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 リンゴを齧りながら、石川拓治著『奇跡のリンゴ』を読んだ。久しぶりのノンフィクションだ。
 いま愚息が食べているリンゴは、農薬まみれで育ったもの。
 アダムとイブが食べたリンゴは。万有引力を発見したニュートンのリンゴは。
 間違いなく無農薬のリンゴだ。
 本書は無農薬無肥料でリンゴを育てるまでの、主人公の木村秋則さんの八年間の葛藤を、精緻に活字化したものである。なぜ木村氏は無農薬のリンゴを育てようとしたのか。それは単純な動機だった。細君が農薬に対して過敏に反応してしまう体質であるから。
 世間ではアレルギー体質の方も大勢いらっしゃることだろう。その人が家族の一員ならば、何としてでもそれを回避させようとおもうだろう。木村氏も同じだった。
 農薬をやめたら、木村氏の畠では寄生虫が大量に発生し、たちまちリンゴの木が病気にかかり、瀕死状態に陥った。それを阻止するために試行錯誤を続ける。だが一向に良くならない。瀕死状態に陥ったのはリンゴの木だけでなく、木村氏の家庭も。リンゴの生産が無くなれば収入の無いのだ。経済的危機に陥るのは当然の成り行きだ。だが、それでも無農薬のリンゴを作ろうとする。そんな直向きに家族は不満も漏らさない。
 しかし、あらゆる手を尽くしたが、どれも効果は無かった。木村は自殺をしようとし、山に登った。そこには立派な木があった。もちろん農薬なんかに頼らずに。そこには自然がすべてだった。木村氏はそこから学んだ。
 市場に出回っているリンゴは農薬により無菌状態で育ち美味しい実が、秋には収穫される。農薬が無ければ自らの力では生きてなゆけない。点滴をしながら生きているのだ。
 自然から学び、奇跡のリンゴを育てることに成功した木村氏のリンゴの味は、まさしく自然が作り出したアートなのだ。それはアダムとイブの食べたリンゴの味に最も近いかもしれない。
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。