FC2ブログ

プロフィール

獺祭堂主人

Author:獺祭堂主人
相模之國柿生隠棲
主夫兼編集者
アルコール常用者

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ

①粋曜喫茶室編集『江戸文化カフェ』発行

リンク

獺祭堂のお客様

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 葛飾北斎は本所割下水で生を受け、浅草で没した。
 先ごろ、北斎生誕の地である墨田で「すみだ北斎美術館」がオープンした。北斎は数々の浮世絵や斬新な漫画を残した。
北斎の画風はゴッホやモネに影響を与え、欧州に浮世が流出した。
 オープンを記念して、昨年まで行方が不明だった「隅田川両岸景色図巻」も展示されている。両国橋から吉原大門までを描く。開館記念の企画展の目玉でもある。
 愚生はそのうちに行くつもりだが、江戸のアートが海外で影響を与えるだけのおおらかさが、江戸という時代と新興都市の江戸には用意されていたことになる。それを支えていた町人のパワーを見逃してはならない。
 「冨嶽三十六景」や「凱風快晴」など大胆な構図は、新たな作風を切り拓いた。改めて北斎とてつもない才能の持ち主だったか。
 『江戸文化カフェ』が来月中旬に創刊される。目玉は連句作品が10巻が掲載されることだ。次号は江戸のアートをぜひと取り上げたいと思う。ちなみに『江戸文化カフェ』第一号は頒価で500円である。ご期待あれ。


yjimage[9]
スポンサーサイト
 14日はスーパームーンである。
 スーパームーンとは地球と月が接近する日にちょうど満月に当たり、月が大きく見えることだ、とのこと。つまり、地球を回る月の軌道は楕円であるので、地球と月の距離は毎晩異なる。明日14日の満月は平均距離より約28000キロ近い、356529キロまで接近するそうだ。まさしく天文学的数値。68年ぶりの近さ。愚生が生まれる前のこと。残念ながら明日の天気は思わしくない。まぁ。月が見えているつもりで、月見酒と行きたい。
 ところで、久しぶりにブログを更新。鬼籍に入ってしまったか、老いぼれてしまったか、と心配しているかたもあろうが、万年痴ほう症であるがゆえ、毎日「極楽、極楽」と言いながら風呂に入っている。まさしく昭和の親父そのもの。
 来月には『江戸文化カフェ』が創刊する。ページこそ少ないが、白紙の領収書なんぞなく、資金に工面しながらの発行。創刊号は連句作品が10巻登場する。俳諧(連句)は江戸時代武士をはじめ町人まで嗜んだ。つまりコミュニケーションツールの一つであった。今では細々と連句を作っておられるグループがある。一方俳句は大変なブームである。さぞかし連句実作者は肩身の狭い思いをしていることだろう。愚生の杞憂か。数年前まで連句誌『れぎおん』があったが、残念ながら廃刊になってしまった。そのあとを『江戸文化カフェ』がすこしでも役立てることが出来れば幸いである。多くのレンキストたちの投稿をお待ちしている。

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。