FC2ブログ

プロフィール

獺祭堂主人

Author:獺祭堂主人
相模之國柿生隠棲
主夫兼編集者
アルコール常用者

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ

①粋曜喫茶室編集『江戸文化カフェ』発行

リンク

獺祭堂のお客様

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    粋曜喫茶室『江戸文化カフェ』第2号原稿募集




 昨年創刊した『江戸文化カフェ』は開かれた雑誌である。誰でも自由に投稿できる。
 内容は江戸に関するものならジャンルは問わない。とくに若手研究者には論文発表の場として活用してもらいたい、と思う。また表現者のために俳句作品や短歌作品も大歓迎である。
 第1号は、日大芸術学部・和光大・猫蓑会の連句作品をはじめ、本の紹介(連句に何する本)、俳句・食文化をコラボした「和食歳時記」などを掲載した。
 第2号はさらにパワーアップして研究論文も受けつける。
 投稿希望者は本ブログから問い合わせして欲しい。掲載者には本誌を進呈(なるべく希望部数)する。

 本誌は古典文学を元気にするために研究誌のような敷居が高いものではなく、気軽に読めるような誌面作りを心掛けている。
 日本の古典文学は世界文化遺産である。なのに読む人が少ない。郷土史や天文学はアマチュア研究家が裾野を広げているのでえ、今も元気である。
 しかし、文学のそれは敷居が高くしかも閉鎖的ある。文学研究は研究者のためのものに過ぎない。『好色一代男』の読者は町人であった。なのに現代では読者はごく限られている人のみ。このまま行くと衰退の一途を辿るだけ。
 それを根本から変えていく必要があろう。そこで『江戸文化カフェ』は江戸文化を視野において多くの方が興味を持ってもらいたいと希う。
 
 
本誌は頒価500円である。購読者も募集している。大学の図書館などの定期購読者などご紹介いただきたい。
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。