FC2ブログ

プロフィール

獺祭堂主人

Author:獺祭堂主人
相模之國柿生隠棲
主夫兼編集者
アルコール常用者

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ

①粋曜喫茶室編集『江戸文化カフェ』発行

リンク

獺祭堂のお客様

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 東京新聞の俳壇で今年の年間賞で柳本々々さんが見事に受賞した。
 日曜日の東京新聞の俳壇・歌壇に柳本さんの作品が掲載されていて気になっていた。まず作品を読む前に、筆名は何と読むのか、そして性別、年齢は?と。
 2月2日の東京新聞の夕刊に「柳本々々さんって?」で大きく取り上げられていた。ここですべて解決。
 筆名の読み方は「やなぎもともともと」という。性別は男。年齢は35歳。
 東京新聞に限らず新聞各紙で積極的に投稿されている。
 東京新聞の俳壇歌壇の投稿の常連で、2016年4月に初登場して以来1月末日までに78回入選、そのうち特選は16回、昨年は月間賞に2度選ばれた、というから只者ではない。
今回年間賞の作品は
 かまきりを「もってて」「いいよ」持っている
である。選者の小澤さんこう評す。
 今後を担う存在。作品は新を目指しつつも、いたずらな新ではない。たしかな核があるのが魅力。
最大級の評価をしておられる。
 柳本さんの魅力を一つ上げれば、俳句・短歌・川柳と短詩形文芸を創作されているところで、定型詩の制約の中で自由に言葉を躍動させている点であろ。
 かつて俵万智さんがデビューいた時は「現代の与謝野晶子」と言われたが、柳本さんは? うーん、寺山修司かも。寺山は多彩な表現者で「寺山ワールド」を樹立した。職業「てらやましゅうじ」と自ら言っていた。が、今までに無いタイプの新しい俳人・歌人であろう。今後も投稿青年であって欲しい。愚生は若い時は投稿拒否者であったが。でも、いくつかの作品が入選したことがあるが。もうそれは昔のこと。
 柳本さんには日本の伝統文芸である、短歌・俳句・川柳界に新たな風を送ってもらいたいと思ふ。


スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。