FC2ブログ

プロフィール

獺祭堂主人

Author:獺祭堂主人
相模之國柿生隠棲
主夫兼編集者
アルコール常用者

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ

①粋曜喫茶室編集『江戸文化カフェ』発行

リンク

獺祭堂のお客様

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

 桜が咲き開き、いよいよ入学シーズンとなった。
 3月22日付け「東京新聞」の社説で「大学は何のためにある」という衝撃的な見出が目に入ってきた。そこには今後の大学の存在を危惧する内容がかかれている。
 日本の四年制の大学は七百七十五校もあり、少子化でいよいよ大学全入時代に突入する。大手予備校が相次いで倒産し、経営難に瀕している大学が少なくない。愚生の知る大学では、15年の間で、受験生の数が半数以下になっている、名門大学がある。
 高校生を呼び込もうと、オープンキャンパスで、あの手この手で誘い込む。推薦入試やAO入試で入学する学生が半数。学力のない学生が、その大学に入学し授業についていけない学生のために、高校レベルの授業から始めるところもあるそうだ。
 「文学部」といった名称は消え、いっけん魅力的な学部の名称に書き換えられてしまった。就職に有利なカリキュラムが増え、そのため『源氏物語』よりもビジネス英語、ピタゴラスの定理よりも商業簿記。つまり、大学は就職のための予備校なのだ。さらに言えば、ハローワークの職業訓練校だね。
 昨年の八月の文科省の通達で「教員養成系、人文社会科学学部に「組織の廃止や社会的要請の高い分野への転換」を促」しているのは「自前で人材を育てる余力を失ってしまった企業が大学に求めたのは仕事に役立つ実学教育や即戦力人材の養成」であると。
 大学は何のためにあるのか、という根本的な存在理由が、文科省の通達によってゆがめられてしまったような気がする。がんらい、大学は研究と高度な教育の場であるが、実学重視の文科省の方針では、この先の日本の未来はどうなるのか。ノーベル賞後進国になることは間違いないだろうね。大学の教員は十九万人にのぼるそうだ。地道な研究を続けている方や、恵まれない報酬で講師として、熱心に教鞭を執っている方も多い。文科省が示した指針を読んで、かれらは何を思うだろうか。文科省のお役人は、大学教員の気持ちを全く理解していないのではないか。
  「大学は何のためにある」という疑問は「文科省のお役人は何のためにいる」のか? と言い換えられないか。

スポンサーサイト



<< 古典講読「芭蕉の紀行文をよむ」 | ホーム | 寝台特急「北斗星」ラストランと愚生鉄道ファン気質 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム