FC2ブログ

プロフィール

獺祭堂主人

Author:獺祭堂主人
相模之國柿生隠棲
主夫兼編集者
アルコール常用者

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ

①粋曜喫茶室編集『江戸文化カフェ』発行

リンク

獺祭堂のお客様

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

 小川軽舟著『俳句日記2014 掌をかざす」(フランス堂発行)を拝読。
 本書は俳句結社「鷹」を主宰しておる、氏の句日記である。一ページに短い詞書き(日記)と一句が記されている。日常の出来事を淡々と描き、俳句を載せる。俳句は日常を活写するのが生命線でもある。仕事のこと、家族のこと、趣味のことなどを一年を通して毎日ふらんす堂のホームページにアップした。
 俳句せぬ妻の生き方柿若葉
 若き日は我にもありき竹の秋
 母の日の父との電話母のこと
 新茶汲む一人暮らしの急須かな

 日記はプライベートのこと。そのほんの一齣を俳句に詠む。俳句はある意味では読者に介入できぬ世界。しかしながら、読者はその一句に共感したり、勝手にイメージを広げられる。俳句鑑賞のだいご味は、作者だけのもつ世界を超えて読者自身の読みの世界に転嫁することが可能なのだ。
 小川氏とはまったく面識もないが年齢が近いせいか、句が我がことのように感ぜられる。最近読んだ句集のなかで、本書はもっとも共感を得た句集である。


スポンサーサイト



<< プチ生前整理のすゝめ | ホーム | RICEBOWL不要論に寄せて >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム