FC2ブログ

プロフィール

獺祭堂主人

Author:獺祭堂主人
相模之國柿生隠棲
主夫兼編集者
アルコール常用者

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ

①粋曜喫茶室編集『江戸文化カフェ』発行

リンク

獺祭堂のお客様

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

 大学アメフトのリーグ戦が佳境となり、週末は楽しみにしている。大学の最高峰は甲子園ボウルに出場して勝利すること。
 日大フェニックスは「悪質タックル問題」で、今年は一部リーグの下位のカテゴリーのBIG8で戦いを強いられている。甲子園ボウルには出られない。来年はフェニックスは上位のTOP8で、甲子園ボウルの挑戦権が得られる(おそらく)。
 11月17日に横浜国大との一戦を見に行った。じつは、林選手と会うためでもあった。
 この日はタックルをしたDLの宮川選手が出場とあって、多くの報道陣が試合を見守っていた。それはともかく、フェニックスは#1のQB林選手のピンポイントで決まるパスに魅了された。WR陣も素早く反応してキャッチしてロングゲインを繰り返していた。RBもDLのタックルに力強く突進した。試合内容は、BIG8で5勝1敗の横浜国大に対して、フェニックスの格の違いを見せつけた。41対7とワンサイドゲームであったが、フェニックスの気迫の感ぜられる攻守であった。
 9月にフェニックスの公開練習があったので、見に行った。見学者は20から30人ぐらいと寂しかった。しかし昨日の試合はフェニックスの側のスタンドがほぼいっぱいであった。
 昨年の「悪質タックル問題」の結末は司法に任せ、宮川選手が出場したことは喜ばしいことだ。ニュースの記事にはかれはあの問題以降、アメフトを離れたそうだ。しかし、アメフトから離れることは無責任と感じ、チームに戻ってきたということだ。それを受け入れたくれたチーム並びにチームメイトに、すがすがしさを覚えずにはいられない。
 リーグ戦は12月1日に桜美林大学との試合を残している。BIG8一位・二位が決まる。ラグビーWカップがあり、にわかファンが増え、人気が高まっている。
 日大フェニックスの使命は、日本におけるアメフトを盛り上げることに尽きる。日大フェニックスの復活は第一歩を歩みだしたばかりだ。試合後に、林選手とお話できたことに感謝。汝、不死鳥であれ。
 

 
スポンサーサイト



<< 桜美林大アメフトTHREE NAILS CROWNS TOP8へ | ホーム | 一茶直筆の句稿被災、お見舞い申し上げます >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム