FC2ブログ

プロフィール

獺祭堂主人

Author:獺祭堂主人
相模之國柿生隠棲
主夫兼編集者
アルコール常用者

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ

①粋曜喫茶室編集『江戸文化カフェ』発行

リンク

獺祭堂のお客様

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 浅沼璞さんから、連句誌『れぎおん』77号を謹呈して戴いた。
 この雑誌の名前は、以前から聞いたことがあったが、実際に手にするのは、初めてである。編集兼発行人は前田圭衛子氏で、本誌は今年創刊から二十年を迎える、老舗の連句誌である。敬意を表したい。しかも季刊である。編集はさぞかし大変であろう。継続は力なり、と言うが、だがこうして二十年のあいだ地道に歩んでこられたことは、この雑誌に魅力があるからである。その魅力は、すぐに読書子が探りあてることができるだろう。その魅力を支えているのは、二十名を超える同人に他ならぬ。こちらも敬意を表したい。
 誌面の大半を連句作品集を占め、読み応えある内容である。
 77号の内容を簡単に紹介しよう。
 エッセイや評論が巻頭・巻末にある。式田さんの連載のエッセイ「麻布あたり」は面白かった。数年前に猫蓑の会の興行で式田さんと初めてお会いし、まさかここでお目にかけるとは。斉田氏の「多摩の俳諧」は(小生が蟄居しているところから多摩市は近いので)、興味深く読ませて戴いた。次号も楽しみである。
 連句作品は充実している。歌仙7巻、世吉3巻、オン座六句5巻などなど。
 この『れぎおん』を謹呈して下さった浅沼璞さんのことは、このブログでは何度か登場するが、日大で連句実作の授業を受け持っておられる。オン座六句「神と君」は、その成果である。
 この巻は西鶴の発句に浅沼さんの脇を起こしで始まる。
 第一連
 御田植や神と君との道の者  西 鶴
  泥手にはさむ前髪の汗    璞
 突風で洗濯物が飛ばされて  さくら
  ビルの谷間を高く逆巻く    瑛恵果
 三日月のさしこむ光描く筆   和 也
  額に入ったコスモスと母    昴

 水田の風景から、洗濯物が飛ばされた先は、ビル風が吹きぬける都会へ。さらにビルの谷間から漏れてくる三日月の光。 この一連は歌仙でいえば、初折のオモテにあたるのであろうか、穏やかに進みぐあい。
第三連では
  消せぬ君に眠れない       演 範
 黄昏へ紛れこむ人混みで見た恋 希

第四連では
  あかね色せし振袖の帯           さくら
 残したるシャネルのルージュかもしれぬ 恵 理
  いつもと違ふサヨナラだった        和 也
  
と、いったように恋句が詠みあげられる。
 最近の連句作品を見ると、恋句はかなり過激になり、小生にとって刺激が強すぎる感もある。食事でも刺激の強いものを食べると、夜はなかなか眠れなくなるが、恋句もほど良さが必要だ。ここに登場する恋句は、すこしあっさりしているが(草食系が増えたせい?)、余韻を楽しむには、このくらいがいい。学生の言語感覚が危ぶまれているが、ここにある句の世界に思わず引き付けられる。宗匠の捌きは見逃せぬ。
 『れぎおん』第78号は7月発行である。どんな恋句が登場すか楽しみである。

れぎおん


 


 浅沼璞さんから、連句誌『れぎおん』77号を謹呈して戴いた。
 この雑誌の名前は、以前から聞いたことがあったが、実際に手にするのは、初めてである。編集兼発行人は前田圭衛子氏で、本誌は今年創刊から二十年を迎える、老舗の連句誌である。敬意を表したい。しかも季刊である。編集はさぞかし大変であろう。継続は力なり、と言うが、だがこうして二十年のあいだ地道に歩んでこられたことは、この雑誌に魅力があるからである。その魅力は、すぐに読書子が探りあてることができるだろう。その魅力を支えているのは、二十名を超える同人に他ならぬ。こちらも敬意を表したい。
 誌面の大半を連句作品集を占め、読み応えある内容である。
 77号の内容を簡単に紹介しよう。
 エッセイや評論が巻頭・巻末にある。式田さんの連載のエッセイ「麻布あたり」は面白かった。数年前に猫蓑の会の興行で式田さんと初めてお会いし、まさかここでお目にかけるとは。斉田氏の「多摩の俳諧」は(小生が蟄居しているところから多摩市は近いので)、興味深く読ませて戴いた。次号も楽しみである。
 連句作品は充実している。歌仙7巻、世吉3巻、オン座六句5巻などなど。
 この『れぎおん』を謹呈して下さった浅沼璞さんのことは、このブログでは何度か登場するが、日大で連句実作の授業を受け持っておられる。オン座六句「神と君」は、その成果である。
 この巻は西鶴の発句に浅沼さんの脇を起こしで始まる。
 第一連

 御田植や神と君との道の者  西 鶴
  泥手にはさむ前髪の汗    璞
 突風で洗濯物が飛ばされて  さくら
  ビルの谷間を高く逆巻く    瑛恵果
 三日月のさしこむ光描く筆   和 也
  額に入ったコスモスと母    昴
 水田の風景から、洗濯物が飛ばされた先は、ビル風が吹きぬける都会へ。さらにビルの谷間から漏れてくる三日月の光。
この一連は歌仙でいえば、初折のオモテにあたるのであろうか、穏やかに進みぐあい。
第三連では
  消せぬ君に眠れない       演 範
 黄昏へ紛れこむ人混みで見た恋 希
第四連では
  あかね色せし振袖の帯           さくら
 残したるシャネルのルージュかもしれぬ 恵 理
  いつもと違ふサヨナラだった        和 也
  
と、いったように恋句が詠みあげられる。
 最近の連句作品を見ると、恋句はかなり過激になり、小生にとって刺激が強すぎる感もある。食事でも刺激の強いものを食べると、夜はなかなか眠れなくなるが、恋句もほど良さが必要だ。ここに登場する恋句は、すこしあっさりしているが(草食系が増えたせい?)、余韻を楽しむには、このくらいがいい。学生の言語感覚が危ぶまれているが、ここにある句の世界に思わず引き付けられる。宗匠の捌きは見逃せぬ。
  『れぎおん』第78号は7月発行である。どんな恋句が登場すか楽しみである。

 

れぎおん
スポンサーサイト

<< 新人作家かなり晩成 | ホーム | 名著巡礼その四 福永武彦著『廃市』 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。