FC2ブログ

プロフィール

獺祭堂主人

Author:獺祭堂主人
相模之國柿生隠棲
主夫兼編集者
アルコール常用者

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ

①粋曜喫茶室編集『江戸文化カフェ』発行

リンク

獺祭堂のお客様

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 27日の「東京新聞」28面に大きく「文学青年のすゝめ」という記事があった。
 市ヶ谷にある法政大学では、週三回「日本文学研究会」という文芸サークルの部員が集まる。そこで、東洋・西洋の古典からライトノベル、ミステリーやコミックまでのあらゆる本を持ち寄って、感想を語りあうそうである。部員の中には、ひと月に30冊も本を読むらしい。本好きな大学生が創設した文学賞「大学読書人大賞」がある。記事によれば「文芸部員の投票と推薦文をもとに五作品程度のノミネート作を選び、その中から「大学生に最も読んでほしい本」を大賞に決定する」とある。対象となる作品は、過去1年間の刊行された本。よって復刊や新訳、ジャンルは問わない。今年で5回を迎え、立教大、法政大、青山学院大、中央大、一ツ橋大、早稲田大の文芸委員で実行委員会を組織し、全国49の文芸部が参加して大賞を決めるらしい。今年は伊藤計劃氏の「ハーモニー」で、近未来の高度医療福祉社会を描いたSF小説とのこと。
 「活字離れ」という言葉を聞いたのは、小生が書生のころである。30年も前のこと。最近は日本文学科の学生すら本を読まぬそうである。とりわけ、インターネットが当たり前となった現代では、活字離れが加速すると思っていたら(実際はそうであるが)、このような時代錯誤的な文芸サークルが、地道に活躍しているのを知って、大変喜ばしい。朝からちびっと酒を呑みたくなる気分。
 小生もすこし前から、以前読んだ本をもう一度読み返している。そこで発見した事がある。青春時代に感動した本を読み返すと、さほど感動しないのである。反対に、若い時に読んだ古典文学何ぞは、当時面白さが解らなかったが、最近読み返すと、こんなににも面白いのか、と思うくらいである。この二つの現象は如何に。前者は、感受性が鈍ってしまったからであろうし、後者は馬齢を重ね、少しはオトナになったから、といった単純な答えで落ち着いた。
 ここ一週間で読んだ古典文学は「日本永代蔵」「世間胸算用」「雨月物語」「鶉衣」などの江戸文学である。古典文学は中学・高校では「古文」の授業で読まされたが、ちっとも面白くなかった。大学に入って読んで何となく解り始め、この年になってから、ようやく作品を味わうまで辿りついた。他の人よりかなり遅いが。江戸時代は貨幣経済が到来し、人の価値観を大きく変えた時代であり、西鶴の経済小説を読むと、現代人とさほど代わりがないことに気づかされる。金、かね、カネは人の心まで変えてしまう。だが、読書はお金では享受できぬ楽しみがある。
 さきの文芸サークルの「文学青年」らは、一生本を友として心豊かな人間になってゆくだろう。このような文学青年が増えて欲しいものだ。また「おくのほそ道」を始め古典文学が 「大学読書人大賞」になってくれればもっと嬉しい。

 
スポンサーサイト

<< フリマでミニ文学ストリート | ホーム | 名著巡礼その五 高橋睦郎著『花行』 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。