FC2ブログ

プロフィール

獺祭堂主人

Author:獺祭堂主人
相模之國柿生隠棲
主夫兼編集者
アルコール常用者

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ

①粋曜喫茶室編集『江戸文化カフェ』発行

リンク

獺祭堂のお客様

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日は秋分の日。東京新聞によると、9月22日が秋分の日になるのは、116年ぶりとのことである。
 春分の日・秋分の日は、昼と夜の長さが等しい。太陽が、真東から昇り、真西に沈む。
 俗説であるが、春の彼岸では牡丹の花にちなんでぼた餅を、秋の彼岸では萩の花にちなんでおはぎを、戴くと言われている。俗説であるがネーミングはよろしい。
 信州松本では、それを「はんごろし」と言うらしい。ところによれば「しめごろし」ともいうらしい。リンチ事件か、美女殺人事件(別に美女ではなくともよいが)のような名前だが。それらは、おはぎの異名である。松本の「はんごろし」は、もち米を滑らかになるまでつぶさずに、半分程度つぶが残るぐらいつぶすから「はんごろし」というらしい。
 幼い日、お供えのおはぎを食べた記憶がある。つぶあん、きなこ、ごまだれ、くるみだれ、であった。小生のふるさとは、胡桃の産地であるから、くるみだれのおはぎは、ほかではなかなか食べられないだろう。
 お彼岸時の夕食には、なぜか天婦羅が食卓にならんだ。茄子、薩摩芋、南瓜、ししとうがらし、蓮根の、熱々の天婦羅に塩をつけて食べる。薩摩芋の天婦羅は今も好きだ。
 秋分の日は、立春・啓蟄・春分・立夏・夏至などの24節気のひとつであることは誰でも知っていることである。が、秋分の日は23日と思い込んでいる人は少なくないだろう。
 24節気とは何か。
 明治以前日本は、太陰暦を採用していた。太陰暦は月の満ち欠けの約29日を1朔望月(1か月)とし、それが12か月で1年と定めた。言わずもがな、太陽暦と比べ11日短くなってしまう。それを是正する術として5年に2回、19年に7回閏月を設けた。年により実際の月と季節とがずれが生じていた。そこで、太陰暦に太陽暦を重ねたのが24節気である。太陽暦は地球が太陽のまわりを一回転する期間を一年とし、365日を一年としたのである。24節気は、太陰暦に一太陽年を刻み、24等分にしたのである。地球から見た天球上の太陽が描く年間の運動の円を360度に刻み、15度ごとに1気としたのである。これが旧暦と言われるものであり、つまり太陰太陽暦の事である。
「暑さ寒さも彼岸まで」というが、今日も蒸し暑い。春の彼岸までこの暑さが残るのであろうか。曼珠沙華は、彼岸のころ咲くから「彼岸花」とも言われている。世間では彼岸花と言った方がよろしいかも。いつともなくにょろにょろと茎が伸びて、毒々しい赤い花が咲く。毎年、小生の庭には、彼岸花が咲くがことしはまだ見ていない。小生の庭に咲く彼岸花は赤でなく、白である(別に自慢しているわけではないが)。ただ偏屈だけのこと。
  弁柄の毒々しさよ曼珠沙華  許六
 夏の間は焼酎のオンザロックであったが、重陽の節句を境に、日本酒に替えるのが、小生流の衣替え。9月は常温で、11月はぬる燗、12月からは熱燗。秋の夜長、本を読みながら酒を呑む。これ小生のささやかな愉しみ。
スポンサーサイト

<< 「浮世の月」考 | ホーム | キーン先生日本人の半生いかがですか >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。