FC2ブログ

プロフィール

獺祭堂主人

Author:獺祭堂主人
相模之國柿生隠棲
主夫兼編集者
アルコール常用者

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ

①粋曜喫茶室編集『江戸文化カフェ』発行

リンク

獺祭堂のお客様

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

 貧乏大いに暇ありの小生は、「東京新聞」に歌人の福島泰樹が連載しているエッセイ「追憶の風景」を楽しみに拝読している。
 2月9日は「師弟の悲しみ」と題して、松田修と中込重明の師弟関係を綴った文章を読み、深い感銘を受けた。
 福島と松田修とは、幾星霜ものあいだ交友関係を築いてきた。松田修は近世文学者として知られ、多くの著書を残して来た。80年、松田は法政大学の教授に就任し、三年後、彼がパーキンソ病を発病していたことを、福島は知っていた。
そうした闘病生活を余儀なくされながらも、二人の交友は続いていた。平成3年、『絶叫、福島泰樹総集編』の出版記念会には、愛弟子の中込が押す車椅子で、松田は会場に現れた。
 中込は、師の学恩を浴し、研鑽を積み、近世文学研究者として、落語や講談などに優れた業績を残した。中込は、母校の法政大学で講師と警備員をしながら、師の手となり足となった。『松田修著作集』(全八巻)の刊行が始まると、中込は寝る間を惜しんで、編纂作業に邁進し、翌年最終巻解題を書き終えると、脳腫瘍の為入院となった。翌年2月6日松田が死去(76歳)、その二ヶ月後中込が師の後を追った。39歳。そのときの「童顔が忘れられない」と福島は回想する
文末には、妻のことが触れられている。脳腫瘍に倒れた再起不能と知りつつも、中込を支えたのはゼミ仲間の中村惠美子だった。
夫の遺志を受け継ぎ、師が遺した膨大な書籍や原稿、日記、メモの整理に追われる日々を過ごしている。
とある。松田修の学恩は、今も愛弟子の中込夫人によって、かくして受け継がれている。 
 こうした師弟関係は美談という枠組みに収まりきれぬ。人生そのもの。松田と中込の師弟関係の絆の深さは、稀有かもしれない。だが、いつまで経っても恩師は恩師、教え子は教え子。出藍の誉れならいい。でも何とかな子ほど可愛いともいうのも悪くない。隕石で鬼籍に入る前に、小生はなんとかせねばならなぬなぁ、と反省。せめて今宵は中込の爪の垢を煎じて、お酒の肴としよう。
スポンサーサイト



<< 御冥福をお祈りします | ホーム | 柿生の街から書店が消える日 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム