FC2ブログ

プロフィール

獺祭堂主人

Author:獺祭堂主人
相模之國柿生隠棲
主夫兼編集者
アルコール常用者

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ

①粋曜喫茶室編集『江戸文化カフェ』発行

リンク

獺祭堂のお客様

検索フォーム

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  瀧本流高弟としての豊蔵坊信海
      ―松花堂昭乗・豊蔵坊信海筆『百官名』―


 先日、山口恭子先生から「瀧本流高弟としての豊蔵坊信海―松花堂昭乗・豊蔵坊信海筆『百官名』―」(都留文科大学国文学論考第49号所収・2013年3月15日発行)の抜刷りが送られてきた。この場を借りて深謝申し上げる。
 山口さんは法政大学で教鞭を執っておられ、近世文学や江戸出版学、さらに書誌学を教えている。このような巨視的立場から、江戸時代に刊行された夥しい出版物について調査研究をしている。とりわけ書道史は、彼女のライフワークでもある。
 松花堂昭乗は、能書家として後世に名を馳せ、近衛信尹・本阿弥光悦とともに寛永の三筆と称される。それは瀧本流或いは松花堂流といわれ、その書風は門弟らによって受け継がれてきた。
 高弟と言われる一人に信海がいる。今までは、狂歌史を切り口から信海を論じられていたが、書道史からのそれは皆無に等しかった。山口さんは、信海筆『百官名』(法政大学蔵)を精査し、信海における書道史を明らかにしようと試みた意欲的な論考である。さほど有名ではない『百官名』は周到でしかも詳細に文献的な位置づけを行っておられる。法大本『百官名』は、昭乗と信海の両筆によって書かれている。奥書には昭乗の書いた「官名」の後に信海が「僧官」以下を書き継いだもの。山口さんは師弟の書風を比較検討し、墨の潤渇ならびに運筆の遅速の相違を述べておられる。
 書道には全くの無知であるが、昭乗の大師流について尋ねてみた。昭乗は漢詩文や詩のタイトルだけ大師流で書かれていることがあるそうだ。真言宗の僧でもある昭乗は空海を心から敬慕する人で、山口さんは眼光紙背に徹し、彼の大師流で書かれた書をみると、彼の空海への尊敬の気持が汲み取れるそうである。山口さんは小生の愚問に丁寧にお答えて下さった。 さらに深謝、深謝である。
 浮世では殆ど知られることのない『百官名』を取り上げたように、地道な研究の積み重ねにより、書道史に風穴をあけ、研究に新たな道が拓けるだろう。若き研究者の活躍に、小生は今宵も盃を重ねるばかりである。
 最後に本論考に書かれた言葉を引用しよう。
 
 今後も残された書作品や資料に即した検討を積み重ねてゆく必要がある。信海の書について多方面からとりあげ検証してゆくことは、瀧本流の展開の諸相をより明らかにすることにつながるはずである。




スポンサーサイト

<< 歌集『ふるさとは赤』紹介と読後感 | ホーム | スポーツ学のすゝめ―ラグビー&アメフト― >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。